2010年12月29日水曜日

シンデレラ(灰かぶり姫)



















シンデレラは「灰かぶり姫」という意味であること最近知った。

お銀は保健所あがりなので正にシンデレラのように不幸な人生から一転幸せを掴んだのであろうか?

が、未だに煤けて薄汚なくノラ犬化してるが。これは彼女自身の選択なので不幸ではないのだろう。

2010年12月23日木曜日

エアロレザージャパン・ショールームスピーカー













PA(public address)のプロに助言頂きました。

キャビネットと一体化させるためにスピーカーを木でかしめるです。

なんとバスドラが聞こえる!(ドスドス感じる!)

5,000円のスピーカーでも侮ってはいけません。ちゃんとプロが(の助言のもと)設置すれば値段以上の仕事するです。

エアロレザージャパン社は音響に経費かけるようなことはしませんので、これで十分です。
一応4スピーカーです。(いつかは5.1ch欲しいですな)

2010年12月15日水曜日

薪ストーブ温度計Burn Indicator



















(冬なので薪ストーブ話が続く)
どれくらい高熱になって遂には割れる鋳物ストーブなのか、言われるだけでは納得いかないので温度計入手。
タコメーター取り付けと同じこと。

「まあまあ」燃やして300度程度。これなら割れることはないだろう。因みにストーブ背面(一番熱いところ)に取り付けると50-100度上がる。いづれにしても表面温度400度くらいだ。

炉内は計れないが600度以上ということはないでしょう。(素人判断。。)
鋳物で十分いける温度かな?

が、400ccバイクのパワーゾーン使い切り状態であることは変わりない。
大型(大排気量)ストーブがチラつく。



















またしてもダメ犬化している「お銀」

2010年12月10日金曜日

バ*とハサミは使い様


昨日、中国製安物薪ストーブの「なんちゃって2次燃焼」につきダメ出ししたが、きのうからの新しい方法による薪の入れ具合によってなんか2次燃焼が出来ているようである。(写真1)

煙突の温度上昇は抑えられかなりの部分がストーブ内で完結している様子。
(薪ストーブで苦労している人以外には全く分らない話と思いますが)

中国製でもパキスタン製でも要は使い様か?
というか、豪華国産やSweden製の50万円もするストーブを設置しても使い方を知らなければ暖かくはならぬということか?

400ccでRed Zone使い切れなければ1000ccは乗るなということだ。
因みにこのストーブは4万円。これ以外に暖房器具は使用していない。外はマイナス10℃である。


薪ストーブはバイクの吸排気系tune upに似ている。
本日煙突200mmの設計をした。レーサーマフラーを付けるようなものだ。

エンジンは安物ストックモデルであっても吸排気を見直せばベスト以上の能力が引き出せる。その代りエンジンは直ぐポシャる。

2010年12月9日木曜日

Goths薪ストーブ(again and again)

信州カラマツストーブというのを見に行った。茅野市、ここから峠を下って30分。



1400度でもOKで、なんでもかんでも燃やせる最強ストーブとのこと。弊方では80%カラマツ(タダ)燃やしてるので鋳物ストーブでは割れる可能性あり(らしい)なのです。
なんでも燃やせるというのは小生の世界観に合う。


1時間のmeetingで非常に有用なinfo get.

要は「炎を煙突に直接入れない」ことである。ヤニだの木酢だのはある程度出るのは覚悟の上。それが再燃焼(バイクのマフラーでいうところのafter fire)が怖いのである。バイクの場合はマフラーエンドから火が出て(下品であるが)事なきだが、家の場合は家屋全焼になるやもしれぬ。(その兆候あり。よってかなり真剣)

<暫定解決策>入り口付近で燃やすのだ!!奥は2次燃焼のために空けておく。
「なんちゃって2次燃焼」に頼ることはできない。マイナス20℃での使用をメーカーが想定していないからだ。入り口付近で燃やせば空気吸入口maxでガンガンやっても炎は煙突に入らない。

今後外煙突を150mmか200mmのダブルにする予定。後はこの(安物中国製)鋳物ストーブがどこまで耐えられるかだ。割れたら仕方ない。最強ストーブにするしかないか?
が、割れるまでは使い倒す!
フォトジェニックなのにカメラ嫌いなお銀。

ヤレた感じのカメラ目線。

2010年11月30日火曜日

薪ストーブ煙突改修(again)



今度の問題はどこからでも手に入るカラマツを燃やしているために出るヤニ対策だ。

ヤニが煙突を伝わって家の中に入ってきて燃える。これは臭い。

ブリーザーオイルキャッチタンクのごとしヤニキャッチポイントを増設。ヤニが溜まったらパカッと開けて捨てるのだ!
昨夜酔っ払って寝ながら考えたネオ煙突構造。

今のところ絶好調。これでお銀も身体中黒くならずに済む。

2010年11月18日木曜日

Defender130 (puma) LandRover純正鉄ホイール

純正HeavyDutySteelWheelでは問題ないがスタンダードの鉄ホイールを付けるとキャリパーがコツコツあたる。
(Tdi:110, Td5:110pick upではこうはならなかった)

スペーサーを噛ますことにした。一番経済的なので。
PCD6.5"(165.1mm) 5穴はかなり特殊でトラック用もいろいろ調べたが汎用はない。(ついでにUKのwebsiteも調べたが彼らは好きなOff-set wheelがSTG30で買えるのでスペーサーなど要らないのだろう。何ミリなどというSpacerは存在しなかった)

で、本日横須賀Hide-Outの本間さんから鉄6mm厚のLandRover用スペーサーゲット。


午前中は冷たく雪が降っていたが品物が届いたら晴天に(寒いけど)!

速攻で装着開始。

意外とでかい。重たい。




はめてみた。寸法完璧で感動!(Bolt-onと謳っていてもグラインダーで少し舐めてやるのが当たり前とハーレー乗りは考えるのだ!)


削れているキャリパー(リア右)。


ボルトのツラは丁度HeavyDutyWheelを履いた時のような感じ


スペーサー装着前後。実際リアはタイヤの下の膨らみが車体ギリギリというところか?? 所詮トラックだし車検には問題なかろう。もう少し空気入れてもいいかも。

異音は完全になくなり、ハンドルロックでのタイヤとアームの干渉も少なくなった。(細い夏タイヤでハンドル切れ角調整してるので太いスノータイヤではあたるのだ)
因みにタイヤはBS Blizzak 7.50R16LT W965 (空気圧F:2.2, R:2.5 気温0度)


めでたしめでたし。

2010年11月16日火曜日

Defender130 スノータイヤ




















おととい(10.11.14)もう換えないといかんな、と交換したタイヤ。
LandRover純正Heavy Duty wheelから純正Standard Steel Wheelになってしまうのはチト悲しいがこんなタイヤでオフで暴れることもできないのでホイールもおとなしめでいいか。

昨日はみぞれ。積もるほどではなかった。

今朝は少し雪が残っていた。路面は乾いているのに凍結。歩いててスッ転びそうになった。

このStandard Wheelは新型のDefenderだとキャリパーかどっかがほんの少しあたる。1kmもそのまま走れば削れてしまうような軽いものだが、気に入らないので目下5mmほどのspacerを捜索中。

話は変わるがこれでofficiallyバイクは冬眠だ。。

2010年11月12日金曜日

Defender130 10,000km 記念




















エアロレザージャパン社有車1号DEFENDER 130の10,000km記念。

こういうのはあとで思いでになるので残しておこう。
次回は100,000km記念かな?

2010年11月8日月曜日

AeroLeather A-2 contarct no. 38-1711-P



















エアロレザーType A-2はニットリブがダメになって交換するあたりからいいヤレが出てくる。
本来のあり方。

2010年10月26日火曜日

零度



















お銀のレポートによると昨年は10月15日には零度になった由。

本日10月26日「寒いな~!」と思ったら零度になっておりました。

が、まだまだAeroLeather A-2でしのげます。

因みにこのA-2は "Contract No. 38-1711-P"
小生知る限りA-2の中では最も高級なjacketです。

零下5度を下まわるとB-3のお出ましとなる。

レザージャケット屋なのでoutfitには困らない!

と言いつつ朝起きたらマイナス2℃だったのでやはりB-3 Arcticでお銀の散歩しました。

2010年10月25日月曜日

ラウラウ



















日本語でコウライテンナンショウ(マムシグサ)のことをアイヌ語でラウラウというとのこと。
このサトイモ科の有毒植物はアイヌでは果実を胃・腹痛(痛み止め)、塊茎をリューマチ・肩こり・打ち身(要は湿布)にしていたようだ。

調べたが分布は良く分らない。北海道にはあるようだ。

ポイントはここ白樺高原標高1500mは北海道と同じような気候なのでアイヌ民族がしていたことをここでやれば「生きていける」ということである。

Shamosyanote Institute: plan medicine.

2010年10月16日土曜日

Off Road Driving almost turnover!



















たまにはDefender130のL-Lockを使ってあげないとギアも錆びちまうので秋晴れの裏山でプチオフロードだす。

試しにお銀に運転させたら「あら、意外と簡単にタイヤ浮くのね!」と余裕のオフロードドライビング。

この状態でディフェンダーちゃんはなんとかバランスしているが、あと20cmこのまま前進させると横転する。

横転すると「お高く」つく、ので小生運転代わるため乗り込もうとするとクルマの傾きがユサユサ変わる。

しぃーずかにリバース。

2010年10月7日木曜日

蓼科温泉(どっぷり日本風)密室社内会議















エアロレザージャパンIT担当部長と総務担当取締役で密室の会議。















皆、忙しすぎてまとまった話も出来ない昨今であったので強制的に旅館に缶詰めにした。

写真から至極真面目な会議をしている様子が伺える。

2010年9月25日土曜日

AeroleatherJapan薪ストーブ点火















外は9℃。家の中は13℃。
とうとう薪ストーブ・イグニションONしてしまった!
あー!暖かい!

2010年9月18日土曜日

エアロレザー1号車出動(原木回収)



















AeroLeatherJapan社は標高1500mの山中なのでそろそろ冬支度もMust-do-listの上位に上がってくる。

薪作りは「これで十分」という限界のない年中無休の肉体労働である。

薪ストーブは「男のロマン」だが、現実はトラックと筋肉とジーンズで汗まみれ・泥まみれになる極めて地味な寡黙な仕事で忍耐力が試される。

真冬はマイナス20℃になるここでは薪ストーブは必須なのだ。
就寝前に最後のひと薪をストーブに突っ込む。
朝まで熾(オキ)で燃えている。
家の中は5℃くらいを保てる。
これを灯油や電気のストーブでやろうとすれば一晩1万円を燃やすことになろうか。

薪ストーブが燃えてなければ家の中もマイナス10℃以下になり水道管や便座などは皆凍結して割れる。

Defender130は良く働く。お銀はいつでもどこでものお伴。

2010年8月28日土曜日

BlueAngelsとAeroLeather












Sensitive issueなので控え目なコメントに留める。

Blue Angelsで感心するのはFull-time-Jobを持っていないとメンバーになれないということ。

Blue AngelsがいるためにHells AngelsはScotlandにchapterを創れない。


写真の彼は「ネック」。
スコットランド出張時は(光栄にも!!??)いつも遭遇する。

Hells AngelからすればMOST WANTEDというところか。

2010年8月25日水曜日

AeroLeather Scotland出張・中間報告


朝の6時

エアロレザー・スコットランド本社工場の正面ドア。

知らなければ簡単に通り過ぎてしまうだろう田舎町の小さなストリートにこっそりある。


この1週間はエアロレザージャパン社長が「お出まし」っつうことで工場はエアロレザージャパンのオーダー作製にどっぷり専念することになる。


目の前でリペア
(因みにこのジャケットは#380)



明日は#406を朝から作る予定。

2010年8月19日木曜日

AeroLeather Scotland工場出張



















8月21日ー30日までエアロレザー・スコットランド工場へ出張のためエアロレザージャパン社長留守になります。
電話はスタッフが対応しますが、込み入った話はemailにてお願いします。スコットランドから返メールします。

因みに写真はLondon Picaddilly Circus方向のRegent Street.
観光客は必ず訪れるところですな。

でも今回はLondonで遊んでいる時間なし!(あー!)

AceCafeLondonの社長MarkとのMeetingもあり。

2010年8月1日日曜日

AeroLeatherJapanスタッフ紹介



















AeroLeatherJapan社前庭のBikers Meeting昨日大盛況で終了。

通な・粋な・レアなバイクが集まったので見るだけでも価値アリでした。

エアロレザージャパンのブースでは弊社スタッフ一同がGothで商売。

(注)弊社スタッフはいつもこういう恰好をしているわけではありませんので普通にご来店頂いた場合は会えません。

2010年7月23日金曜日

Shamoshanote Institute










True Life has begun.

First: Entrance of Shamoshanote Institute at the backyard of AeroLeatherJapan.
This is the Institute for the people mentally-healthy.
Ogynn seems happy innocently without knowing what will happen in a few month time.